地域密着型の不動産屋なら安心して任せられる

玩具の家

マンションを売る

集合住宅

少しでも高く売るには

マンションを売りたいと思ったさいに少しでも高く売りたいのであればマンション査定を依頼するのがベストです。マンション査定といっても1社だけに任せるのではなく複数の業者に依頼することで、平均的な相場を知ることができるので、売るさいの重要なデータとなります。一方で単にマンション査定を依頼するだけでなく実際のマンションの売却価格を自らも情報収集するのも失敗しないために重要です。簡単な方法は販売されているマンション価格を見ることです。中古マンションの一般的な販売価格は、業者の買取を利用した場合には50%から80%程度が買取価格といわれています。つまり、2000万円の売値であれば1000万円から1600万円程度での買取になります。買取ではなく仲介とした場合には2000万円程度の物件であれば仲介手数料として80万円程度を支払うことになります。このためマンション査定では買取を前提としたものと仲介を前提としたものとで大きな差が生まれます。買取では得られる金額が少ないですが、不動産業者に売却するのですぐに買い手が付くため現金化したい場合には有利です。一方で売却先を見つけて仲介とした場合には高く売れるのですが、買い手が必ずしもすぐに見つかるわけではありませんから、すぐに売却することができませんし、内覧を行う必要があるなど住みながら売るというのにはややハードルが高くなりますし、またはやく売ろうとすると結局は値引きをすることになります。そのようなことも理解してマンション査定を行ってもらいベストな売却方法を提案してくれるような業者に依頼することが、より高値でマンションを売ることができます。